TAG 深層学習

ディープラーニング

Googleが機械学習用ASICを開発、深層学習を高速化

米Google社は、機械学習用の専用チップを独自に開発し、同社のデータセンターで1年以上前から利用してきたことを明らかにした。かねて噂されれてきた専用チップの開発を、公にした格好である。機械学習の1つであるディープラーニング(深層学習)では米NVIDIA社のGPUが事実上の標準になっており、同社を追走する動きが激しくなっている。…この記事の続きを読む

ディープラーニング

認識から行動や生成まで、伸び盛りの深層学習

ディープラーニング(深層学習)の技術開発がますます活発になっている。最適な行動や動作の決定、コンテンツの生成といった用途に使える成果が相次ぎ登場した。画像内容の質疑応答が可能な対話システムなど、高い知性の実現を目指した研究も始まっている。…この記事の続きを読む

ディープラーニング

認識から行動や生成まで、伸び盛りの深層学習

ディープラーニング(深層学習)の技術開発がますます活発になっている。最適な行動や動作の決定、コンテンツの生成といった用途に使える成果が相次ぎ登場した。画像内容の質疑応答が可能な対話システムなど、高い知性の実現を目指した研究も始まっている。…この記事の続きを読む

ディープラーニング

アイボのソニーがAIロボット事業にカムバック! 米企業と人工知能を開発へ

アイボのソニーがAIロボット事業にカムバック! 米企業と人工知能を開発へ アイボ ソニー株式会社は18日、次世代の人工知能(AI)に関する研究開発を共同で推進するために、人工知能(AI)に特化したスタートアップ、米国Cogitai(コジタイ)社に資本参加すると発表した。 ソニーは1999年に完全自律型のエンターテインメントロボット「アイボ」を開発。アイボには顔認識や音声認識など、当時では最先端の人工知能技術を搭載していた。その後は、自律型知的システムの研究を行い、それを元に深層学習や強化学習を含めた人工知能技術の研究を継続していたとしている。 ソニーが最近提供した人工知能技術をベースにした製品やサービスは、「Xperia」シリーズに搭載されている統合型拡張現実感技術(SmartAR)を用いたカメラアプリ「ARエフェクト」や行動認識技術を採用したLifelogアプリ、「プレイステーション4」の顔認識ログインなどがあげられる。 ARエフェクト 今後、コジタイと共同開発することで、ディープ・リインフォースメント・ラーニング(深層強化学習)技術に予測・検知技術を応用し、次世代の人工知能に関するアプリケーションや製品群の基礎となる、新たな人工知能技術を生み出すとしている。 発表資料 URL:http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201605/16-052/index.html 2016/05/18 ■関連記事 実はかなりお得かも!? 今ならモトヤLETSの入会金3万円が無料に! (2016.5.18) UQ、iPhoneなどauの中古スマホも「端末購入アシスト」「マンスリー割」の対象に (2016.5.17) 美少女ボイスでプログラミングが学べるサイト、無料Java講座を公開 (2016.5.17) …この記事の続きを読む

ディープラーニング

ソニーがロボット事業復活ののろし?米AIベンチャーに出資

ソニーは、2016年5月18日、人工知能(AI)関連企業である米Cogitai社への出資を発表した。両社は、強化学習と深層学習を組み合わせた「深層強化学習」技術を予測・検知技術と共に用いることで、新たな人工知能技術を共同で開発するという。深層強化学習は、先ごろ、米グーグルが買収した米DeepMind…この記事の続きを読む

ディープラーニング

週刊エコノミスト 2016年5月17日号

特集:AIの破壊と創造 ◇深層学習で激変するビジネス◇「AI大国」へ正念場の日本 大堀達也/池田正史(編集部)  人間に代わり知的労働を行う「人工知能(AI)」が、ビジネスの現場を一変させようとしている。AIの革新的な技術の登場で、劇的に汎用性が高まったAIを、企業が本格的に活用し始めた。その最先端…この記事の続きを読む

ディープラーニング

特集:AIの破壊と創造 事例編 囲碁 2016年5月17日号

◇AI活用の最前線◇深層学習でプロの「直観」獲得 伊藤毅志(電気通信大学情報理工学研究科助教) グーグル傘下の企業が開発した人工知能(AI)囲碁プログラム「アルファ碁」が3月、世界トップレベルのプロ棋士、李世乭(イセドル)九段に4勝1敗と勝ち越した。快挙を成し遂げる直前の1月末にグーグルのグループが…この記事の続きを読む

ディープラーニング

特集:AIの破壊と創造 2016年5月17日号

◇深層学習で激変するビジネス◇「AI大国」へ正念場の日本  大堀達也/池田正史(編集部)  人間に代わり知的労働を行う「人工知能(AI)」が、ビジネスの現場を一変させようとしている。AIの革新的な技術の登場で、劇的に汎用性が高まったAIを、企業が本格的に活用し始めた。その最先端事例が日本にある。富士…この記事の続きを読む