EMCジャパン、「RSA SA」に機械学習によるリアルタイム分析機能を追加し標的型攻撃を早期検知


EMCジャパンは、機械学習によるリアルタイム行動分析機能の追加により、標的型サイバー攻撃を早期に検出する能力が向上した「RSA Security Analytics 10.6(RSA SA)」を5月10日から販売すると発表した。攻撃の特徴的な行動を自動的に検知するため、早期の対応が可能になるという。
この記事の続きを読む

サイト名: EnterpriseZine

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.