車を買い換えるとパーソナル・スーパーコンピュータが届く8つの理由

最終更新日:


スーパーコンピュータに車輪をつけたらどうなるでしょう。行きたいところへ連れていってくれるロボットが生まれます。今年のCESでも、デトロイト・モーター・ショーでも、自律走行の自動車の話でもちきりでした。 これほど頭のよい次世代の自動車を作るには、かなりの知能を用意しなければなりません。NVIDIAでは、自動車用人工知能を実現するスーパーコンピュータ、NVIDIA DRIVE PX 2を発売しました。コンピュータに人間以上の認知力を与える革命の中心にGPUテクノロジを据え、そのコンピュータを車に搭載してもらうのです。 今度車を買い換えると、スーパーコンピュータを初めて手元に置くことになるかもしれないわけです。その理由をいくつかご紹介しましょう。 道路で車が遭遇するさまざまな状況のすべてを理解できるだけ の適応力と能力を持つのは次世代AIのみです。 AIが自律型ビークルの標準装備になります 車の運転中に遭遇する出来事のすべてに対応できるソフトウェアを作ろうとしたら、シリコンバレーのエンジニアを全員集めても足りません。センサの進歩により、車が見るものは増え続けています。そして、道路上で車が見るものすべてに対応するためにはディープラーニングという人工知能の一種が必要になります。GPUを活用したディープラーニング・システムの認知能力は、昨年、ついに、人間を超えることに成功しました。 NVIDIA GPUなら実用的なAIが実現できます GPUは並列処理型です。だから、人間の脳をお手本とした複雑な数学的モデル、ディープ・ニューラル・ネットワークの処理に最適なのです。ディープ・ニューラル・ネットワークは、パワフルなコンピュータに膨大な量のデータを供給することでトレーニングします。並列処理でなければ、これほど大量の情報を実用的なスピードで消化することはできません。ディープ・ニューラル・ネットワークは運転操作に最適でもあります。与えるデータが多ければ多いほど、賢くなるからです。 NVIDIA DRIVE PXならAIを路上に持ち出せます NVIDIA DRIVE PX 2は1秒あたり24兆回ものディープラーニング演算を行うことができます。これは、MacBook Proなら150台分に相当する処理能力です。かつてはトランク一杯にGPUベースのワークステーションが積まれて…この記事の続きを読む

サイト名: NVIDIA
2016年1月15日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.