20年までに500万人超失職 ロボットなど技術革新で自動化

最終更新日:

遺伝学や人工知能(AI)、ロボット工学などの研究と技術革新によって、人類は2020年までに差し引き500万人分以上の職を失う可能性がある。 世界経済フォーラム(WEF)の創設者であるクラウス・シュワブ会長と役員のリチャード・サマンズ氏が「ザ・フューチャー・オブ・ジョブズ(職の未来)」というリポートで…この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz
2016年1月19日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.