人類滅亡 今度は「人為災害」

 車いすの天才宇宙物理学者で知られる英国のスティーブン・ホーキング博士(74)が19日、ラジオ番組で、これから1000年後~1万年後、地球上に人為的大災害が起こるとして、人類滅亡を回避するため、「他の惑星にコロニー(入植地)を築いて急いで移住する必要があると語り、物議を醸している。博士はこれまでにもAI(人工知能)やエイリアン(地球外生命体)が人類を滅ぼすといった警告で世界を騒然とさせており、欧米では、博士の過去の発言と合わせて“地球滅亡論”がにわかに盛り上がり始めている。
この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz - 経済

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.