【モノづくりのヒント】一家に一台ロボットがある暮らし。ユカイ工学・青木俊介


ひと昔前は映画や小説、アニメーションの中でしか描かれなかった「ロボット」。これまでも工業用では多く存在していたものの、近年「Pepper」に代表されるように、家庭用ロボットが一気に普及の兆しを見せ始めました。
そんな中、自社開発によるロボットのプロダクトを数多く手掛け、最近では家にいる家族とメッセージのやりとりができるロボット「BOCCO」を手掛けた「ユカイ工学」のCEO・青木俊介氏にお話を聞かせてもらいました。
 
■ロボットと普通に暮らす時代がやってくる?
 
青木俊介(あおきしゅんすけ)2001年東京大学在学中に、チームラボ株式会社を設立、CTOに就任。その後、ピクシブ株式会社のCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。ソーシャルロボット「ココナッチ」、脳波で動く猫耳「Necomimi」、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などIoTデバイスの製品化を多く手がける。 2015年7月より、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発売、2015年度グッドデザイン賞を受賞した。
ロボット制作と会社を起ち上げるまで

――これまで手掛けられたロボットを教えてください。
目玉おやじのロボット

青木:本当に試作品なんですけど、最初に作ったのは「カッパノイド」という河童の形のロボットです(笑)。その次に、「目玉おやじのロボット」というのを作りました。これは実際に「水木しげる記念館」で、アトラクションとして使用していただいたものです。それから2010年に脳波で猫の耳が動く、「necomimi(ネコミミ)」という開発プロジェクトに参加させてもらいまして。そのときに海外でも話題になったりして、そろそろきちんと独立しても大丈夫かなぁ、ということで。ちゃんと独立したのが2011年でした。それまではネット企業に在籍しながら、ロボットの開発をやっていましたね。
ネコミミ
 
――なるほど、「ユカイ工学」を起ち上げたのは、最初からではなかったんですね。
青木:私はずっとインターネットのサービスの開発をやるような会社にいました。やはりいくら頑張っても、自分の作ったものが画面の外に出られないという、フラストレーションがあったんです。毎日、真っ黒い画面でコマンドを叩いているような、そんな生活だったんですけど、“もっと…この記事の続きを読む

サイト名: &GP

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.