ホンダとGM、AIで協業検討 自動運転でトヨタに対抗


ホンダは、米ゼネラル・モーターズ(GM)と自動運転に必要な人工知能(AI)の分野で協業を検討する。八郷隆弘社長が22日、米アリゾナ州で、「これからは環境技術と車の知能化がカギになる。そうした分野で協業できればいい」などと話した。 両社は、燃料電池車の研究開発ではすでに提携関係にある。自動運転では、車…この記事の続きを読む

サイト名: 朝日新聞デジタル - 経済・マネー

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.