成長が鈍化するApple、人材不足の懸念も

あるAnonymous Coward 曰く、先月末、Appleは2016年度第1四半期の決算報告書を公開した。2015年10~12月の売り上げを759億ドル、純利益を184億ドルと発表。いずれも過去最高益を記録している。しかし、iPhone の販売台数は期待していたほどではなく、次の決算では前年同期比でマイナスもありうるとしている。iPhoneに変わる牽引役デバイスの登場が求められるところだが、それもなかなか難しいようだ。ガーディアンはその一因にAppleの秘密主義や労働環境があるとしている。
いくつかのシリコンバレーの人材スカウトによると、同社は才能のある若者からは注目されていない。そうした優秀な人材はFacebookやAlphabet(Google)、Uber、Airbnbなどに行くとしている。イーロン・マスクは昨年の10月にAppleは「我々が解雇した人材をAppleは雇用している」といい、Appleのことを「テスラの墓場」だとこき下ろした。Appleは厳格な秘密主義とストレスの多い社内文化、自動運転車や人工知能などの新プロジェクトもうまくいかないとすぐにエンジニアをリストラするなど、エンジニアが働くには良い環境とはいえないとしている(Slashdot)。 すべて読む | アップルセクション | ビジネス | アップル | 関連ストーリー: Apple、台湾にディスプレイ技術開発を行う研究所を設立 2015年12月22日 巨大で奇抜な社屋を作るシリコンバレーのハイテク企業たち 2015年05月12日 Apple社員がTeslaに転職する理由:CEOが魅力的だから 2015年02月12日 労働者の「引き抜き禁止」協定を巡る訴訟、Apple、Googleなど4社が上訴 2014年09月10日 …この記事の続きを読む

サイト名: スラッシュドット・ジャパン

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.