多発性硬化症治療にMS「キネクト」

最終更新日:

多発性硬化症の治療の一環として、将来はインテリジェントカメラ(撮影するだけでなく画像を解析するなどの機能を持つ)で病気の進行を追跡することができるようになるかもしれない。身体症状を極めて正確に計測することで、より的確で迅速な治療を安価に提供できる可能性がある。
この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz
2016年2月17日 2020年4月2日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.