Node-RED入門 〜ローカルインストールからRESTful APIまで

最終更新日:


Node-REDはIBM研究所が開発した直感的にアプリケーションを開発できるプラットフォームです。Bluemixでも簡単に利用できますが、ここではローカルマシンにNode-REDをインストールし、簡単なRESTful APIを作成します。Node-REDのプラグインをMySQLにデータを保存します。
本記事での最終的な構成は下記のようになります。

環境

Ubuntu 14.04.4 LTS
Node.js v0.10.37
Node-RED v0.13.3

以下のVagrantfileを使っています。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# Vagrantfile API/syntax version. Don’t touch unless you know what you’re doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = “2”
Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
config.vm.box = “ubuntu/trusty64”
config.vm.hostname = “ubuntu”
config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.11.118”
config.vm.provision “shell”, inline: この記事の続きを読む

サイト名: Qiita - MySQL
2016年3月19日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.