NVIDIA、CESで自動運転の開発競争を加速

最終更新日:


NVIDIAは、本日、自律走行のリードをシフトアップしました。 CES 2016のプレス・イベントで、NVIDIAは、自動車自身が周囲を認識し、安全な経路で自ら走行できるようにする人工知能テクノロジを発表したのです。 このイベントでは、トレードマークとなっている黒いレザー・ジャケットを着たNVIDIAのCEO、ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)が、自動車メーカの社員や報道関係者、アナリストなど400人ほどに対し、DRIVE PX 2を発表しました。DRIVE PX 2は自動車用のスーパーコンピューティング・プラットフォームで、ディープラーニングの演算を1秒あたり24兆回も行うことができます。DRIVE PXは第1世代の製品が世界50社あまりの自動車メーカーに採用されていますが、DRIVE PX 2のパフォーマンスはその10倍に達しています。 新しいDRIVE PX 2の処理能力は8テラフロップスで、これは、MacBook Proなら150台分に相当します。大きさはお弁当箱程度。ほかの自律走行技術では、中型セダンのトランクが満杯になってしまいます。 今回の講演の冒頭、フアンは、次のように述べています。「自律走行の自動車で社会は一変するでしょう。そして、NVIDIAは、自律走行車の実現を可能にしたいと考えているわけです。」 ボルボ、DRIVE PX 2で自動運転SUVを開発 交通事故による死者をなくそうと、ボルボは、他社に先駆けてDRIVE PX 2を採用しました ボルボと言えば安全性と信頼性で世界的に知られたスウェーデンの自動車メーカですが、そのボルボが自動車メーカとして初めてDRIVE PX 2を採用したとフアンは発表しました。 ボルボは、来年、世界初となる自動運転の路上試験を行うため、ラグジュアリSUVのXC90、100台にDRIVE PX 2テクノロジを搭載し、顧客にリースするとしています。DRIVE PX 2テクノロジにより、この車は、ボルボの本社があるイェーテボリ周辺の道路では自動運転、その他の地域では半自動運転で走行する予定です。 DRIVE PX 2では、たくさんのセンサを使い、自動車全周の映像を取得することができます。……この記事の続きを読む

サイト名: NVIDIA
2016年4月1日 2016年7月31日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.