遺伝的アルゴリズムでN-Queen問題の解を求める (2)

最終更新日:


前回はN=8の場合について、N-Queen問題の解の一つを求めました。今回はそれを任意のNに拡張します。方針基本的には前回の8を任意のNに置き換えるだけです。今回は引数にNの値を指定して実行することで、解を求めるプログラムを書きます。遺伝子の数は4つのままです。前回は交叉位置が固定でしたが、今回はN…この記事の続きを読む

サイト名: Qiita - Python

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.