ニューラルネットワークで作曲! Magentaを動かす

最終更新日:


Magentaとは
この前、GoogleのMagentaという新プロジェクトがGithubにてオープンになりました。
https://github.com/tensorflow/magenta
Magentaというのは、ニューラルネットワークを使って、美術や音楽を生成するプロジェクトです。
機械学習のクリエイティビティを進化させるのと、アーティストと機械学習のコミュニティとなることを目的としています。
作曲をするリカレントニューラルネットワーク
Magentaの第1弾として、作曲をするリカレントニューラルネットワーク(RNN)のモデルが公開されました。
LSTM(Long Short-Term Memory)という手法を取り入れたものです。
magenta公式サイト(http://magenta.tensorflow.org/ )によれば、
It’s purposefully a simple model, so don’t expect stellar music results. We’ll post more complex models soon.
これは意図的にシンプルにしたモデルで、傑出した音楽ができることは期待できません。しかし、これからより複雑なモデルを公開していきます。
とのことで、あくまで、導入としてこのモデルを動かすのがいいでしょう。
準備
私はUbuntu環境でやっています。
Windowsに対応していないTensorflowが必要なので、MacかLinuxが必要です。
Githubからmagentaをcloneしてきて、Tensorflowとビルドツールであるbazelをインストールします。
作曲モデルの構築
さて、ここから実際に作曲モデルを構築していきます。
モデルを構築するにあたり、曲のメロディが入ったMIDIデータが必要です。
MIDIデータがないときは、http://www.midiworld.com/files/142/ からとってくるといいとおすすめされていました。
使うMIDIデータは1つの方がいいでしょう。なぜか3つでやるとうまくいきませんでした。
今回はmidiファイルを/tmp/midiというディレクトリに入れました
ここからはターミナル(ubuntuならCtrl+Alt+T)にコマンドを打つことで作…この記事の続きを読む

サイト名: Qiita - Python

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.