協立電機、AI実用化へ研究拠点

最終更新日:

ファクトリーオートメーション(FA)機器大手の協立電機は静岡市内に研究開発拠点を新設する。分散していた120人の技術者を集約し、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット化)など先端分野の開発を進める。研究開発費を年率5~8%増やし、2019年までに工場用AIの商品化をめざす。21年6月期で売上…この記事の続きを読む

サイト名: 日本経済新聞
2016年10月5日 2020年4月1日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.