眼底の病気、AI画像診断 成功率8割超、早期発見へ光

最終更新日:


目の底の病気を早期発見するために、名古屋市立大と情報システム会社「クレスコ」(東京都)が人工知能(AI)を使った画像診断システムを開発した。80%以上の確率で診断に成功し、人間ドックなどの健診での利用をめざしているという。 AIが診断するのは「光干渉断層計(OCT)」と呼ばれる網膜の中心を撮影した画…この記事の続きを読む

サイト名: 朝日新聞デジタル - 社会
2016年11月15日 2020年4月1日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.