Appleは人工知能研究のために「オープン」になった?

最終更新日:

Appleは製品や採用する技術などの情報をできるだけ外に漏らさない「秘密主義」を取っていたが、今後この方針が変わるのでは無いかという指摘があるそうだ(WIRED)。
背景には、Appleが人工知能関連の研究に注力している点がある。人工知能関連技術においては、GoogleやMicrosoft、Facebookなどがオープンな形で研究を進めており、これら企業は成果物の公開についても積極的だ。そのため、Appleも自社での人工知能研究についてオープンにならざるを得なという。実際、Appleの秘密主義を敬遠して他社に就職するAI研究者もいるようだ。 すべて読む | アップルセクション | テクノロジー | ビジネス | アップル | 関連ストーリー: 人工知能によるDoom大会で準優勝したAI、FPSならほかのゲームにも対応可能 2016年10月11日 FacebookとAmazon、Google、IBM、MicrosoftがAIの普及などを目指す非営利団体を立ち上げる 2016年10月03日 成長が鈍化するApple、人材不足の懸念も 2016年02月02日…この記事の続きを読む

サイト名: スラド

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.