Skypeのリアルタイム翻訳に日本語が追加!瞬時に通訳してくれるぞ!

最終更新日:


インターネット回線を介して無料で音声通話やビデオ通話ができる「Skype」で、リアルタイムの翻訳機能が利用できるようになりました。正確には「Skype 翻訳」というSkypeの拡張機能で、リアルタイムの会話翻訳に対応する10番目の言語として、4月7日から日本語が追加されました。
 
■1対1だけでなくグループ通話でも使える!
このサービスを利用できるのは「Skype for Windows デスクトップ版」「Skype for Windows 10 プレビュー版」そして、ブラウザで使える「Skype for Web」。残念ながら、AndroidやiOSのスマホアプリには対応していません。
使い方は非常に簡単。まずは、Skypeのアプリケーションを最新版にアップデートし、通話相手を選択した後、翻訳機能をオンに。あとは翻訳する言語を設定するだけでOK! 発信して会話が始まると、自分が話した日本語が設定した言語に翻訳されて相手に聞こえます。もちろん相手の話は日本語に翻訳されるという仕組みです。グループ通話でも使えます。
▲説明会でも上映された利用イメージを紹介する動画。ほっこりしますよ。
日本語の他には、アラビア語、中国語(北京語)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語がサポートされています。このサービスのリリースに合わせて、マイクロソフトが開催した説明会で、いち早く、その使い勝手や性能を試すことができました。
 
■思っていた以上に誤訳は少ない!
筆者は、ドイツ語のスピーカーとビデオ通話をしてみました。用意された会話例もありましたが、あえてフリートークで翻訳性能をチェック。「どちらの出身?」「今日の天気はどう?」「きれいですね!」といった感じで…。
日常会話であれば、ほとんど間違いなく翻訳してくれます。独り言のようなつぶやきも聞き取って、自動的に翻訳が始まるので、いい加減なことは言えない感じでした(笑)。誤訳は思っていた以上に少なく、むしろ、認識が難しい言葉は翻訳対象から除外されるような、そんな印象を受けました。
▲相手の肉声も小さく聞こえて、少し遅れて翻訳される仕組み
なお、Skype for Windows 10 プレビュー版では、固定電話や携帯電話への通話でもSkype翻訳を使えるそうです。中国やロシアなど

サイト名: &GP

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.