ユビキタスなど、自動運転向け運転者モニタリングソフトを発売

最終更新日:

ユビキタスとエーアイコーポレーションは、自動運転システム向けの自動車運転者モニタリングソフトウェア「CoDriver」を発売する。  Jungo Connectivityが開発した本ソフトウェアは、運転者の体位置や頭部姿勢、眼球位置、視線追跡、個人プロファイルなどに対するセンシングとディープラーニングのアルゴリズムを備える。既存の車載情報機器と車内カメラ機器を組み合わせたり、専用の車内カメラ機器を用いたりして、高度な運転者モニタリングシステムを構築できる。特に、SAEレベル3の自律走行車での、車から運転者へ運転制御移行の判断を補助する用途に適している。>>続きを読む

サイト名: キーマンズネット
2017年5月15日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する