富士通、AI実用化へ人材3.5倍に 18年度まで


富士通は人工知能(AI)関連の人材を2018年度末までに現在の3.5倍となる3500人にすると発表した。企業のシステムにAIを組み込む人員を増やして、実用化につなげる。大量のデータを解析する需要が増しているなか、新規事業として積極投資する。 16日、都内でAI戦略に関する記者会見を開いた。基礎技術が

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する