ソフトバンクグループ、取締役の半分が外国人に

最終更新日:


ソフトバンクグループは24日、計11人の取締役のうち半分強の7人を外国人にすると発表した。買収した米携帯4位スプリントのマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)や、英アーム・ホールディングスのサイモン・シガースCEOが新たに加わる。6月21日に開く株主総会で正式に決定する。 ソフトバンクグループは

サイト名: 日本経済新聞
2017年5月24日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する