【ファナックのIoT戦略】(下)AIと産業機械の制御を融合

最終更新日:


産業用ロボットや工作機械メーカーの間では、IoT(モノのインターネット)技術を導入する動きが活発化している。大手IT企業と連携するケースが相次ぐ中、ファナックが指名したのはベンチャー企業のプリファード・ネットワークス(PFN、東京都千代田区)。同社が誇る人工知能(AI)技術と産業機械の制御技術が融合すれば、人手不足が深刻さを増すものづくりの現場に革新を起こせると判断した。

サイト名: SankeiBiz - メーカー
2017年6月5日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する