10代の活躍 才能伸ばし日本の元気に

最終更新日:

10代の活躍がめざましい。将棋では史上最年少でプロとなった14歳の藤井聡太四段がデビューから23連勝中だ。卓球では13歳の張本智和が世界選手権男子シングルスで準々決勝に進んだ。 女子シングルスで48年ぶりの銅メダルを手にした平野美宇も17歳、女子ダブルス銅の伊藤美誠、早田ひなは16歳だ。若者が躍動す

サイト名: 産経ニュース
2017年6月8日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する