博多大陥没も招いた地質変化、ディープラーニングで察知

最終更新日:


自然を相手にするトンネル工事は、常に危険と隣り合わせだ。事前の調査では分からないことも多く、熟練技術者の知識や経験に基づく臨機応変な判断がものをいう。だが、工事現場の悩みの種はご多分に漏れず、人材不足。AI(人工知能)は救い主となるか。

サイト名: Tech-On!
2017年6月11日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する