サイバー防衛、AIが主役に 量産ウイルスも検知しやすく

最終更新日:


身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)の「ワナクライ」が世界中で被害を広げてから1カ月余り。米国がスパイ活動のためにつくった仕組みが同ウイルスの開発につながったとされる。国家も巻き込み、ウイルスの量産時代に入ったサイバー空間での攻防の主役として、人工知能(AI)が注目され始めてきた。 ワナクライは広

サイト名: 日本経済新聞
2017年6月21日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する