特集:AIで増えるお金と仕事 2017年6月27日号

最終更新日:


ウェルスナビのデモ画面
◇誰でもAIで“賢い”投資家
◇ロボアドバイザーが自動で運用

稲留正英(編集部)

AIがお金の世界を「民主化」しようとしている。ファイナンシャルプランナー(FP)やファンドマネジャーなどの金融専門家の能力をAIに置き換え、富裕層しか受けられなかった金融サービスを一般のサラリーマン層や若年層に提供しつつある。

「運用開始以来の利回りは年率4~5%。英国のEU離脱の影響で、一時、利回りはマイナスになる場面もあったが、その後は安定的に推移している」──。都内に住むITエンジニアの徐聖博さん(28)は満足そうに語る。徐さんは友人の紹介で、2016年2月から、金融ベンチャー企業「お金のデザイン」が提供するロボット・アドバイザー(ロボアド)サービス「THEO(テオ)」を使い始めた。

 

◇月1回自動で見直しも

テオの利用方法はシンプルだ。パソコンやスマホのアプリで、テオの画面を開くと、無料相談のページが出てくる。画面の指示に従って、(1)年齢、(2)投資経験、(3)元本重視の度合い、(4)値下がり時の対応、(5)インフレへの対応──の五つの質問に答えると、国内外の株式、債券、商品の配分比率を示した推奨ポートフォリオが表示される。そのままサービスを受けたければ、口座開設・投資一任勘定の契約をネット上で結び手続きは完了する。手元に必要なのは免許証などの身分証明書とマイナンバーだけだ。

契約後は、テオが基本ポートフォリオに沿って自動的に30~40銘柄の米国上場のETF(上場投資信託)の中から最適な組み合わせを購入し、月に1回、リバランス(資産の再配分)を行う。手数料は運用資産残高に対して1%。ETFの買い付けコストや信託報酬はすべて含まれる。

徐さんがテオに興味を持った背景には、既存の金融機関への不満があった。銀行でドル建て預金をしていたが、金利はわずかに0・2%。ネット証券で投資信託を購入したが元本割れに。日本株にも取り組んだが、塩漬け状態だ。徐さんはこれから結婚や家購入の資金づくりに投資を活用しようと考えている。

都内のコンサル会社に勤める宮本敬史さん(38)さんは、半年前から金融ベンチャー「ウェルスナビ」が提供するロボアドサービスを利用している。過去10年間、株式や投資信託への投資をしてみたがうまくいかず

サイト名: 週刊エコノミスト
2017年6月26日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する