日本勢が省エネスパコンで上位独占、AI開発に弾み(ニュース解説)

最終更新日:


スーパーコンピュータの省エネ性能ランキング「Green500」が2017年6月19日に発表され、日本勢が首位~4位までを独占した。いずれもディープラーニング(深層学習)をはじめとしたAI(人工知能)演算の用途を見据えたもの。企業が画像・音声認識や対話システムなどのAI技術を開発するうえで心強い味方になりそうだ。

サイト名: ITpro
2017年7月4日 2020年3月31日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する