75年前の米軍の空爆戦略から日本人が学ぶべき「急所を見抜く力」

最終更新日:


70年前に米軍が行ったドイツ本土爆撃は、軍需産業を崩壊させるために計算され尽くした戦略と技術の集大成だった。防衛装備庁の現役技官・藤田元信氏は、「敵の“アキレス腱”を見抜く米軍の戦略から、厳しい競争を戦う現代の企業が学ぶことは多い」と指摘する。

サイト名: 現代ビジネス

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する