キヤノン系 与信審査にAI、貸し倒れリスク算出

キヤノンマーケティングジャパン(MJ)子会社のキヤノンITソリューションズは、人工知能(AI)を活用した与信審査を始める。後払い決済サービス向けで、過去の取引データなどを活用して貸し倒れリスクを算出する。リスクを見つけ出す精度が高まるほか、審査時間の短縮にもつながるとみている。 このほど、後払い決済

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する