話題の本で社会知る読書会 市民が手作りで10年

最終更新日:


売れ筋の本を通して、現代社会を考える。そんな試みで始まった読書会が今年、10年の節目を迎えた。運営はすべてボランティアで、毎月欠かさず開催し、これまでの参加者は100人を超えた。 126回目となった6月29日夜、大阪市内の喫茶店に、20~80代の男女11人が集まった。人工知能(AI)をテーマにSF作

サイト名: 朝日新聞デジタル - 大阪
2017年7月20日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する