クレスコの第1四半期は受注残高が32%増加し2ケタ増益

最終更新日:

■AI(人工知能)を本格導入の前に概念検証など可能な米IBM「Watson(ワトソン)」導入支援サービスも本格化
ソフトウェア開発などの大手クレスコ(東1)は8月7日の取引終了後に2018年3月期・第1四半期(17年4~6月)の連結決算を発表し、売上高は前年同期比9.2%増加して76.59億円となり、営業利益は同じく27.0%増加して5.97億円、純利益は同34.5%増加して4.95億円と2ケタ増益の好決算だった。

サイト名: 財経新聞
2017年8月7日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する