三菱電機系、エレベーターの運行管理にAI活用 待ち時間削減

最終更新日:

三菱電機のビル設備管理子会社、三菱電機ビルテクノサービスは人工知能(AI)を使ったエレベーターの運行管理サービスを2018年中に開始する。AIが過去の稼働データや保守履歴などのビッグデータを解析し、自ら運行プログラムを作成してエレベーターの待ち時間を減らしたり、故障から自動復旧したりする機能を提供す

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する