自動作曲AIソフトの著作権は誰のものに?

最終更新日:


上野達弘早稲田大学法学学術院教授。知的財産法が専門。自身も幼少からチェロを演奏する(写真:本人提供) 何やら聴き慣れぬ音色が近づいてくる。奏者の姿は見えない。正体は、新たな展開をみせているAI(人工知能)。人間と協調して演奏し、わずか数十秒で作曲もするとか。AERA 9月4日号ではAI時代の音楽を見

サイト名: ASAhIパソコン
2017年9月3日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する