安部公房はAIがお嫌い?

最終更新日:


小説「砂の女」で知られる安部公房は、AI(人工知能)に似た、自ら進歩する機械を60年ほど前から作品に登場させている。機械はどれも人間を苦しめる悪として描かれていた。安部公房ならば今のAIの台頭を見て何を思うのか、専門家に聞いた。

サイト名: nikkei BPnet
2017年9月24日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する