PreferredInfrastructureからスピンアウト、自然言語処理技術で顧客の声を分析

最終更新日:


2006年3月、大学生のプログラミングコンテストで出会ったメンバーによって立ち上げられたベンチャー企業、PreferredInfrastructure(プリファードインフラストラクチャー)。自然言語処理、機械学習技術の領域で事業を行ってきた同社から2016年10月にスピンアウトした会社がレトリバだ。現在は自然言語処理の技術を生かし、企業のコールセンターに集まる顧客の声を分析するソリューションである「VoC Analyzer」などを開発・提供している。

サイト名: 「宣伝会議」オンラインマガジン

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する