《日経Robo》脳内で逆誤差伝播法が起きているか?


ニューラルネットワークは脳(神経系)を模して作られた。神経細胞(ニューロン)は、入力刺激が閾値を超えた場合に発火し、活動電位を発生させ、他の細胞に情報を伝達する。この発火が連鎖的に起こることで情報を伝え、計算を実現する。神経細胞間の情報伝達には、シナプスと呼ばれる化学物質を用いた機構が使われている(別の仕組みもある)。

サイト名: Tech-On!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する