電気自動車を独自開発 AI対応、遠隔操作も可能

最終更新日:

ソニーは24日、遠隔で操作ができる電気自動車の試作車を開発したと発表した。センサーで車外の様子が360度で把握できるほか、人工知能(AI)などにも対応。初めての独自開発の車で、新しい移動体験を提案する。商用化も視野に、沖縄県内の大学のキャンパスで9月から実証実験を始めた。 車両は全長約3.1メートル

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する