《日経Robo》カーネル法は遅くない、乱択化フーリエ特徴関数で大規模でも適用可能に

最終更新日:


機械学習の分野ではカーネル法と呼ばれる手法が広く使われている。1990年代後半から流行したSupport Vector Machine(SVM)は、このカーネル法を利用することで非線形な問題を扱えるということで注目された。

サイト名: Tech-On!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する