ビーコンで健康見守り、AIによる状態予測も

最終更新日:


HOYAサービスは高齢者や子供、工場従業員などの健康状態や行動、居場所をリアルタイムに把握できるビーコン端末「MEDiTAG」を開発し、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)と同時開催された「FACTORY 2017 Fall」に出展した。医療機関や福祉施設、工場、オフィスなどを対象に、MEDiTAGを用いたクラウドサービスの構築支援を2017年内にも始めたい考え。

サイト名: Tech-On! - ニュース
2017年10月24日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する