AIでトマト効率栽培 愛媛大、全国農園と実験

最終更新日:


愛媛大学は全国各地の農園と連携し、人工知能(AI)を活用してトマトの栽培を効率化するシステムを開発する。生育環境を制御できる植物工場が対象で、収穫量10%増と作業時間10%削減を目標にして3~5年後をメドに実用化する。経験や勘に頼らない科学的な栽培技術の高度化をAIを使って進め、農業の収益力向上を後

サイト名: 日本経済新聞
2017年10月30日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する