東京都 多言語対応ロボの実証実験 庁舎内や観光名所想定

最終更新日:


東京都は、11月中旬から来年2月下旬まで都庁内で、接客・案内などのサービスロボットの実証実験を行う。さまざまなシーンで活用が見込まれる多言語対応ロボットについて庁舎内や東京の観光名所など、利用者に案内する場面での利用を想定。技術向上や活用の可能性、社会実装へ向けた課題などを検証する。2020年に開催

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する