OKI、店舗のレジの適正台数可視化と混雑予測のサービスを提供

最終更新日:

OKIは2018年1月31日、店舗のレジ周りの課題に対処する2つのサービス「レジ適正台数見える化」「レジ混雑予測」の提供を開始する。価格は個別見積もり。  両サービスは、流通・小売業界向けの店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT」の第1弾だ。IoT(モノのインターネット)の画像センシング技術と、人工知能(AI)や分析の技術を活用。店舗内のヒト、モノ、コトのデータを収集して可視化し、分析することで、業務の改善を支援する。  まず「レジ適正台数見える化」では、店舗に設置する映像IoTシステムなどを用いて、レジの待ち人数を認識。POSデータとも連携することで、レジ開閉のムダやムラを可視化…>>続きを読む

サイト名: キーマンズネット

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する