再生医療細胞 AI管理 イノテック・名大、効率培養へシステム

最終更新日:

ソフトウエア開発のイノテック(広島市)は20日、名古屋大学と共同で人工知能(AI)を活用した再生医療用細胞の品質管理システムを開発したと発表した。画像から細胞のデータを学習し、培養過程の細胞の増殖のしやすさなどを早い段階で予測する。目視による判断を自動化、細胞の安定生産やコスト低減につなげる。201

サイト名: 日本経済新聞
2017年11月20日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する