子会社パート正社員化 人手不足が経営圧迫

パナソニックは22日、子会社が運営する介護事業のパートを正社員化する人事制度を来年4月に導入すると発表した。 パナソニックが介護職の正社員化に踏み切るのは、施設やサービスの拡大路線を進めた結果、従業員の人手不足が深刻化し、経営を圧迫しているからだ。今後、介護事業は「量から質へ」の転換を図る。 22日

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する