AIを備えた廃棄物選別ロボット、作業に必要な人員を9分の1に

最終更新日:

maia曰く、
廃棄物選別ロボットというものがあるそうだ(環境ビジネスオンライン、サナースが扱うZENROBOTICSの製品「ZRR」)。
カメラ、赤外線センサー、3次元レーザースキャナー、金属探知機のデータを基にAIが判断してアームで選別していく。分別の精度は98%で、機械が判断出来なかった分だけ人間が判断する。普通なら18人分の作業を2人でこなすことができ、廃棄物が流れるベルトコンベアーの速度は人間が作業していた時の5倍になるという(ニュースイッチの記事)。
装置的には24時間、週7日間稼働可能。センサーやAIの発達がいわゆる「3K」(臭い・汚い・きつい)作業を代替し、人手を縮小していく流れは確かにあると思った。 すべて読む | 人工知能 | 関連ストーリー: 中国でロボットが医師国家試験に合格 2017年11月20日 Pepperが読経するロボット葬儀サービス 2017年08月30日 ロボットや外骨格スーツに注目する建築業界 2017年08月26日 未来の工場はAIがロボットと人間に指示を出す 2017年08月15日

サイト名: スラド
2017年11月27日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する