サムスン電子、DRAMすべて10ナノ級に 先端製品量産で首位固め

最終更新日:

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国サムスン電子は20日、新型DRAMの量産を始めたと発表した。回路線幅は最先端の10ナノ(ナノは10億分の1)メートル級で、従来品より微細化を進めて生産性を3割高めた。これにより、サムスンのDRAMは一部の用途を除き、ほぼ全量が10ナノ級になる。サムスンは半導体メモリーで世界

サイト名: 日本経済新聞
2017年12月20日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する