グーグル、後見なき船出 シュミット氏退任へ

米グーグルの持ち株会社アルファベットは21日、エリック・シュミット会長が2018年1月に退任すると発表した。同氏と歩んだ17年。グーグルは世界的な大企業に膨張し、同氏は若い企業を「大人の視点」で監督するシリコンバレー流ガバナンスの先駆者となった。その後見人の退任は、新たな変化の荒波にさらされるグーグ

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する