縮む日本の先に:AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない

最終更新日:

1000メートル級の山々に囲まれた谷間の道を、15人乗りの路線バスが走る。川沿いに点在する集落が車窓を流れていく。「狭い曲がり道だけど、自動運転の車は走れるのかな」。群馬県南牧(なんもく)村の高齢化率は61%と、日本一高い。ハンドルを握る運転手の市川剛さん(42)は、かつて民家が建っていた待避所に車

サイト名: 毎日jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する