トヨタ、次世代の自動運転車を開発 周囲200メートル認識

最終更新日:

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験車を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。車の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験車は「プラットフォーム 3.0」という名称。

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する