パナ、車内空調の音声操作装置開発 「アレクサ」にAI

最終更新日:

パナソニックは、自動車内の空調などを、音声で操作する装置を開発した。米アマゾンの人工知能(AI)「アレクサ」を車に載せることで、インターネットにつなげなくても、車内温度やオーディオの音量の調節などができるという。 家電見本市「CES(セス)」の開幕を前に8日、米ラスベガスで発表した。発売は未定という

サイト名: 朝日新聞デジタル - 経済・マネー
2018年1月10日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する