ロボットが警備、AIで体操ひねり判定…東京五輪へ検討

最終更新日:

2020年東京五輪・パラリンピックでのロボット活用についての議論が今年、本格化する。観光案内や警備での導入のほか、競技の審判に人工知能(AI)を採り入れる動きも出ている。大会関係者からは「五輪をロボットのショーケースにしたい」との声も上がる。 昨年12月、大会組織委員会、東京都、国、民間企業の実務担

サイト名: 朝日新聞デジタル - オリンピック

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する